プライバシーマーク

とても厳しいプライバシーマークの認定

プライバシーマークは、個人情報の扱いを適切に行うことのできる企業に対し、使用が認められるマークです。
このプライバシーマーク制度の認定を受けるにあたって、日本工業規格の「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」という規格が関わってきます。

この規格の内容を満たしているかどうかということが、プライバシーマーク制度の認定基準になりますが、他にもいくつかの法律や条例などの決まりが関わってきます。
JIS Q 15001」以外に、プライバシーマーク制度の認定基準に関わる法律には、次のようなものがあります。

個人情報保護法
◆各省庁の個人情報保護法のガイドライン
◆地方自治体(都道府県など)の個人情報に関する条例等
◆業界の個人情報に関するガイドライン等

「JIS Q 15001」の規格以外にも、先ほど記述したような法律や条例などにも同時に適合しなければ、プライバシーマーク制度の認定は受けられません。
それほど厳しい認定制度なのですが、その分認定を受けることによって得られるものは大きいといえるでしょう。